いろいろな事情があり、これまで長年の間住んでいた家であったり、もしくは相続をしたものの住んでいない不動産・家を売るということもあると思います。不動産の売買には、程度の差はありますが、かなりのまとまった金額が動くことになります。そのためそ、知っておきたいのが、売却の際にかかる諸費用、特に税金に関することです。

印紙税とは

家や土地などを売却する事になり、売り手が決まると売買契約を行います。契約時に必要となるのが、まず印紙税と呼ばれるものです。不動産の売買には、必ず契約書を作成し、実印を押さなければいけません。その時に貼るのが印紙です。
契約書は買う側、売る側と、複数作る必要がありますので、契約書の部数だけ印紙を用意します。どの金額の価格の印紙を貼るのかは、1000万円を超えて5000万円以下の場合は1万円など、売買の金額によって決められています
郵便局また、印紙は郵便局などで購入することができます。印紙を貼らないで契約を行った場合、過怠税といって3倍の税金がかかりますので、気を付けるようにしましょう。

そして、ほとんどの不動産売買の場合は、不動産業者などの第三者を通して行います。
売買が決定した時には、不動産業者へ仲介手数料を支払います。
仲介手数料には、消費税がかかります。
仲介手数料は不動産業者が自由に決めることができる割合です。そのため、たとえば同じ金額で売れても、仲介手数料にかなり差が生じることもあります。

Pocket