家を売る際に損失が出た場合に受けられる特別控除とは

家を売ることになったとき、諸費用などを差し引くと利益が出ないマイナスの金額となった場合には譲渡所得がないことになりますので、税金はかかりません

がま口の財布を持つ女性税金はかからないものの、所得税の還付のための控除制度が設けられていますので、譲渡所得がなくても、確定申告を行うようにしましょう。
たとえば、家を取得した際にかかった費用よりも少ない金額で売って、結果的に500万円マイナスとなったとします。
確定申告をすることによって、この損をしたと考えられる500万円分の税金が還付されるのです。

損失があった際の控除を受けるための条件

控除制度を受けるためには、いくつかの条件があります。
まず、売却をした家に所有をしていて実際に住んでいたこと、もしくは今は住んでいなくても、3年目の12月31日までに売却をしたことがあります。
他にも、所有していた期間が5年間よりも長いことや、10年以上の住宅ローンを残した状態であったことや、売却をした金額がそのローンの残額よりも低かったこと、などが挙げられます。所有していた期間というのは、売買をした年の「1月1日の時点」を指しますので注意してください。

控除額は、仕事などで得られた所得との損益で計算をします。ただし、所得が3000万円を超えている場合が3年続いている場合は、適用外となります。


参考サイト→高く家を売る研究/不動産売却時の税金
譲渡損失が出た場合の確定申告や3000万円の特別控除についてわかりやすく説明しています。

{ Comments are closed }

家を売る際に特別控除を受けるための条件

家を売りに出して契約が成立した時には、決められた条件を満たすことで、特別控除が受けられます。特別控除が受けられる条件は、大きく分けて3つあります。

特別控除をうけるための適用要件の1番目は、売った人自身が住んでいた家であること、もしくは今は住んでいない場合でも、3年目の12月31日までに売却した家であることです。もうすでに引き払って建物を取り壊してしまっていても、貸し駐車場などに転用していなかったり、取り壊して1年以内でしたら、控除の対象となります。
2番目の条件は、さかのぼって2年以内に同じ特例、もしくは譲渡損失の特例を受けていないことです。
そして最後は、家族などに売買したものでないことが条件です。この場合の家族には、親子など親しい間柄にも、同じ家に住んでいる親族や、内縁関係がある人も該当します。
電卓と申告書類
条件に合致していれば、3000万円の特別控除を受けることができます。
特例を受けるためには、毎年行われている確定申告をすることが必須となります。
また、注意点としては、特例を受けること自体が目的だと判断された場合や、建て替えのための仮の住まいといった一時的な目的のもの、また別荘や保養ための家なども含まれません。

{ Comments are closed }

家を売った場合の税金の種類・税金

電卓とお札と家家や土地などの不動産を売却する場合において、かかる税金は、大きく分けて3種類あります。
まずは印紙税、そして所得税、住民税です。
押さえておきたいのが、不動産を売却したことによって「利益が出たのか?それとも利益が出なかったのか?」ということです。
印紙税以外の税金はこの利益の部分にかかることになります。そのため、まずは利益について、きちんと把握してしておく必要があります。この利益のことを、専門的な用語で「譲渡利益」と呼ばれています。税金は、譲渡利益の金額によって決まります。

譲渡利益の計算方法

譲渡利益の計算の方法は、売却した価格から、その不動産を取得をした際の価格と譲渡に必要な費用を引くことで算出できます。譲渡に必要な費用は、仲介手数料や登記のためにかかった費用のことを指します。その他にも、司法書士に支払った報酬ですとか、解体費用などもに費用に含めることができます。
計算の結果、譲渡利益がマイナスになるのであれば、税金はかかりません。プラスになった場合に、税金がかかります。代々からの土地や、遠い親戚からの相続といった事情などで、不動産の取得時の費用が分からない、という場合は譲渡した金額の5パーセントが取得費となります。

{ Comments are closed }

家を売る際に必要な印紙税

いろいろな事情があり、これまで長年の間住んでいた家であったり、もしくは相続をしたものの住んでいない不動産・家を売るということもあると思います。不動産の売買には、程度の差はありますが、かなりのまとまった金額が動くことになります。そのためそ、知っておきたいのが、売却の際にかかる諸費用、特に税金に関することです。

印紙税とは

家や土地などを売却する事になり、売り手が決まると売買契約を行います。契約時に必要となるのが、まず印紙税と呼ばれるものです。不動産の売買には、必ず契約書を作成し、実印を押さなければいけません。その時に貼るのが印紙です。
契約書は買う側、売る側と、複数作る必要がありますので、契約書の部数だけ印紙を用意します。どの金額の価格の印紙を貼るのかは、1000万円を超えて5000万円以下の場合は1万円など、売買の金額によって決められています
郵便局また、印紙は郵便局などで購入することができます。印紙を貼らないで契約を行った場合、過怠税といって3倍の税金がかかりますので、気を付けるようにしましょう。

そして、ほとんどの不動産売買の場合は、不動産業者などの第三者を通して行います。
売買が決定した時には、不動産業者へ仲介手数料を支払います。
仲介手数料には、消費税がかかります。
仲介手数料は不動産業者が自由に決めることができる割合です。そのため、たとえば同じ金額で売れても、仲介手数料にかなり差が生じることもあります。

{ Comments are closed }